banner

なんかドンヨリしたところ

どうせなら自分のことを理解してくれて、雰囲気も明るく、人間関係がギクシャクしていない職場が良いに決まっています。ところがなかなかそういった職場が無いのが現状です。人間も生き物なのでどうしても仕事上の疲れやプライベートであった嫌なことを仕事に持ちこんでしまいます。
転職活動をする際に対応してくれる多くの人は転職サイトの営業さんにしろ、病院の説明会を担当する人にしても基本的に明るい人が多いと思います。そうじゃないと転職活動中の人が逃げて行ってしまいます。ある種の最低限のスキルと言えます。
ところが転職した看護師さんの中には「説明会のときはとても明るい雰囲気で、こんな人たちと働いてみたい!という感じだったのに、いざ入ってみたらみんな覇気がなくてとにかく仕事に追われているせいで雰囲気がドンヨリしていた」なんていう話もあるのです。病院としても人がいないので苦肉の策というか、とにかく表向きだけでも取り繕って、とにかく入ってもらおうと必死です。
外部の人間が細かい制度などを把握するのは難しいかもしれませんが、このような大雑把な雰囲気については実際に転職候補になっている病院にいってみて横目でチェックするだけでも十分な情報収集になります。職場の雰囲気はやりがいと直結するため、できる限り観察する機会を設けたほうが成功確率がアップすると思います。

注目記事

banner
なんかドンヨリしたところ

記事を見る

banner
やっぱり女の職場

記事を見る

banner
先輩が準看護師だったので

記事を見る

Copyright(c) 看護師さんの転職失敗話. All Rights Reserved.